LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2) NPC 妖精界


NPCの台詞の一覧表です。

場所 対象 内容
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(1)
訪問
無事で何よりです。
兄の体は寿命が近づいているようで、
私がここに来ることにしました。
これからは私が兄に変わって力になります。
何か困ったことがあればここに来てください。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(2)
訪問
あなたは兄から妖精の試練を受けていませんね?
私もイグラーナから長く離れていたので
こちらにどのような妖精がいるかまではわかりません。
しかしこれからイグラーナの奥に進むのであれば
彼女らの助けが必要になるでしょう。
兄に妖精を解放するように伝えておきます。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(3)
訪問
ラムラーナ遺跡にいた妖精たちは
イグラーナにいた第6の子の1種族である
妖精を元に生命の樹より生み出されました。
イグラーナに残っている妖精は数も少なく、
他の種族に捕らえられていると聞きました。
無事でいてくれればいいのですが。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(4)
訪問
我々の未来予知では、
本来ならこの世界は2015年に
母によって滅ぼされるはずでした。
しかしそれはあなたのお父様たちの働きで
ラムラーナが封印されたことで免れました。
そこまでは我らの計画通りでした。
しかし母が最後の力で精神をイグラーナへ移すとは
思いませんでした。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(5)
訪問
アールブル族の中でも私や幾人かの巫女は
未来予知の力を持っていました。
それを元に作られた封印の計画は
イグラーナの各地に石碑として残してあります。
しかし我々が石碑を残すよりも前から
存在していた石碑もあります。
どの種族が書いたものかがわかれば
理解しやすいと思います。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(6)
訪問
各種族たちの争いは何千何万年もの昔から続く、
決してわかり合うことのない対立です。
ですがここ数年の間に大きく動き出しました。
各種族が対立に決着をつけようと。
イグラーナの時が動き始めたのは
母の魂がイグラーナに移ったためなのです。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(7)
訪問
私たち第6の子は第7の子やあなたたちと違い、
生殖能力は持っていません。
フレイは私の兄ですが、最初から兄と妹という形で
生み出されたにすぎません。
兄とは、私がイグラーナを離れてから
会っていませんでした。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(8)
訪問
各地に少し形の違う石碑があったと思います。
このイグラーナの世界をつづった
記念碑のようなものです。
あれこそは我らの種族が残した
イグラーナ封印のための術に至る
最後の秘密を書きしるしたものです。
今こそその秘密を解放します。
石碑の中の秘密の言葉に印をつけました。
手間をかけさせてしまいますが、
私では封印の秘密を口にすることができません。
再び計画の石碑を読んでください。
私たちの種族はイグラーナの封印を計画しました。
そのためにはどうしても一度イグラーナを
目覚めさせなければならないことがわかりました。
長い年月の末に考え出されたのが
空の民が残したイグラーナ封印計画を利用する事です。
その中心に第8の子であるあなたが
巻き込まれたのは運命のように感じます。
私たちと違い、
これから先の時代を生きていくあなたたちが
人類を滅ぼす力を持つイグラーナを封印するのです。
イグラーナ封印のためには
同時にラムラーナの封印が必須でした。
しかし母が最期に第9の子、
自らの精神をイグラーナに移す事は予想外でした。
そのためにイグラーナに残る種族たちは
混乱の中にあります。
体の中に母への恭順が埋め込まれている私たちでは
イグラーナを封じられないのです。
もう一度聞きますか?
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(8)
お願いします。
※妖精女王フレイア(8) 訪問と同じ。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(8)
しかるべき時にね。
それではまた。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(9)
訪問
世界樹の罪人を覚えていますか?
彼は我らアールブル族が、霜の巨人殿から見つかった
ヨトゥンという巨人の遺体から作り出した者です。
イグラーナに混乱を起こすために
アース族とヴァン族との争いの中に
まぎれ込ませたのです。
つまり彼の存在自体がイグラーナ封印計画の
一部だったのです。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(10)
訪問
あなたの持っている人面石。
来たるべき時のためにアルセダーナに託していました。
元々は血の回廊を動かすための道具だったようです。
イグラーナを封印するためには
母に対する殺意が欠かせません。
それは母の影響下にある私たちには無理なこと。
今その人面石の中には
世界樹の罪人の魂が入っています。
アンクと同化し、ガーディアンの魂が解き放った
負の思念と混ざり合っていたのです。
5つの種族、それと冥界の負の思念を集めてください。
それで人面石は罪人の魂を依り代にして殺意を持ち、
イグラーナ封印のための鍵となるでしょう。
もう一度聞きますか?
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(10)
お願いします。
※妖精女王フレイア(10) 訪問と同じ。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(10)
しかるべき時にね。
それではまた。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(11)
訪問
我々の種族も第7の子と同じく、
種族として母に逆らえないのです。
それでも我ら第6の子からは直接母から生み出された
わけではないので縛りは薄い方です。
ラムラーナやイグラーナの封印の研究ぐらいは
隠れて進められました。
ただ実行に移すにはアルセダーナが考えたように、
あなた方、第8の子に頼るしかありません。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(12)
訪問
私は、再び人類が滅ぼされないようにするために
このイグラーナ遺跡の中で何万年も生きています。
かわいそうなどとは思わないでください。
あなた方とは考え方が違います。
でもラムラーナが封じられた時、
あなたのお父様と外の世界を走ったことは
私にとってとても素晴らしい思い出となりました。
イグラーナが封じられれば、
また外の世界を見られるかもしれませんね。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(13)
訪問
イグラーナに住むものはイグラーナとともに
滅びなければなりません。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(14)
訪問
兄は逝きましたか。
私たちはイグラーナ封印のために
多くの命を犠牲にしてきました。
この目でイグラーナの最後も見られました。
もう充分です。
あなたは生きてここから逃げてください。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精女王フレイア(15)
訪問
私のことはかまわないで。
生きてください。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(1)
訪問
我が名はフレイ。
妖精族の王である。
この地に足を踏み入れる汝は何者か。
力あるものか?
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(1)
もちろん!
力もつものならば我も力を貸そう。
我が妹、フレイアより力の証をゆずり受けよ。
さすれば妖精たちの力を貸し与えようぞ。
・・・・・・もう一度聞くのか?
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(1)
もちろん!
お願いします。
※妖精王フレイ(1) もちろん!と同じ。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(1)
もちろん!
いや、大丈夫。
・・・・・・。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(1)
どーっすかねぇ。
そうか。
では立ち去るが良い。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(2)
訪問
力の証を持たぬ者に力は貸さぬぞ。
フレイアに会えば全て察してくれるだろう。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(3)
訪問
それこそまさに力の証、フレイアの首飾り。
よかろう、汝に力を貸そう。
終末のために、その力をふるうがよい。
我がしもべ、命の妖精エイルの力を与えよう。
彼女らを呼び出す妖精の光を見えるようにした。
そこに触れれば妖精を呼び出せよう。
・・・・・・もう一度聞くのか?
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(3)
お願いします。
※妖精王フレイ(3) 訪問と同じ。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(3)
いや、大丈夫。
・・・・・・。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(4)
訪問
我が力はすでに衰えたり。
妖精たちも悪しき種族のものに捕らえられた。
命の妖精エイルだけが我が元に残った。
他の妖精たちも見つけ出しさえすれば
力を貸せるであろう。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(5)
訪問
我が武器はいずこかへ消えた。
我がゲルズに心奪われたばかりに武器を失った。
炎を僕にするトルク、力ある汝が手にすれば・・・。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(6)
訪問
力もつものよ、終末はまだか。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
妖精王フレイ(7)
訪問
我の体、終末までもたぬ・・・・・・。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
回復妖精エイル(1)
外観
私は妖精エイル。
フレイ様からあなたを助けなさいって言われてます。
私の力は癒しの力。
あなたの傷ついた体を癒す力を持ってます。
探検でヘトヘトに疲れたら呼んでくださいね。
よろしくっ。
妖精界
妖精王の神殿
(B-2)
回復妖精エイル(2)
外観
この間は何もあいさつしなくてゴメンなさい。
私は妖精エイルと言います。
フレイ様からあなたを助けなさいって言われてます。
私の力は癒しの力。
あなたの傷ついた体を癒す力を持ってます。
探検でヘトヘトに疲れたら呼んでくださいね。
よろしくっ。
妖精界
イシュムカネーの間
(B-4)
ムーブルク
外観
あ、やっと会えた。
我はムーブルクと言います。
長老や賢者様と同じ第7の子ですが、
ナウいヤングなので遺跡から離れて
世界を旅してまーす。
ラムラーナ遺跡の謎を解いて
遺跡をぶっ壊したあなたのお父さんのおかげで
母の呪縛から離れて好きに生きてます。
我はとっても頭が良いので
外の世界の遺跡を調査する仕事をやってます。
そこで長老から呼び出されて
未熟者のあなたをサポートしてくれって言われました。
あなたのお名前なんてーの?
ルミっさ?
それじゃよろしくね、ルミっさちゃん。
我は身軽さを活かして遺跡の奥の方を調べてくるから。
長老にアドレス教えてもらってるから
何か分かれば連絡するね。
連絡がない時はたぶんどこかで寝てますから。
そんじゃねっ。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(1)
訪問
私は巫女のヴォルヴァ。
数少ないアールブルの生き残りです。
私の持つ予知の力も今は絶え、
ただ終末の時を待つのみです。
我らの計画を実現させるには妖精界を支配する
守護者が邪魔なのです。
妖精王の力も尽きようとしています。
ぜひ妖精王フレイにお会いください。
もう一度お話ししましょうか?
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(1)
はーい。
※巫女ヴォルヴァ(1) 訪問と同じ。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(1)
いいです。
あなたに力が宿りますように。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(2)
訪問
妖精女王には会っていただきましたか?
我々アールブルは母の力による世界の滅び、
終末を避けようとしています。
されど母の力に支配された我々には
それを実現する力がありません。
もしあなたが世界の終末を望まぬのであれば
力をお貸しください。
妖精界の守護者のアンクを呼び出しておきますから。
もう一度お話ししましょうか?
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(2)
はーい。
※巫女ヴォルヴァ(2) 訪問と同じ。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(2)
いいです。
あなたに力が宿りますように。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(3)
訪問
我々第6の子はあなたたちと違って
生まれた時から役目が決まっています。
フレイ様は生まれた時から妖精王、
フレイア様は妖精界の女王として生み出されたのです。
体が朽ちる以外に老いることもありません。
ただ役目のために生き続けます。
そしてそれはそれ以上の者には
なれないとも言えますね。
もう一度お話ししましょうか?
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(3)
はーい。
※巫女ヴォルヴァ(3) 訪問と同じ。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(3)
いいです。
あなたに力が宿りますように。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(4)
訪問
もしかしてあなた、呪われていませんか?
わずかに母の力を感じます。
一度であれば私の力で呪いを解くことができますが。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(4)
お願いします。
呪いは解いておきました。
特別な祈りを行いましたから、
もう同じ呪いにかかることはないでしょう。
妖精界
巫女の間
(D-4)
巫女ヴォルヴァ(4)
気に入ってますから。
そうですか。
お強いのですね。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
訪問
アイテムとお金を取引しましょうショップです。
拾い物・・・・・・いや、なんでもないです。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
オモリ
オモリです。
遺跡からひろい集めてきました。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
オモリ
取引しよう。
どうもありがとう。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
オモリ
取引しよう。(金が足りない)
お金がなければ取引できませんねぇ。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
オモリ
取引しよう。(売り切れ)
すいません、最近は拾って・・・・・・いや。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
オモリ
やめとこう。
やめるんですか。取引を。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
車手裏剣補充
車手裏剣の弾です。
冒険する人の後をつけて・・・・・・いえ。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
車手裏剣補充
取引しよう。
どうもありがとう。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
車手裏剣補充
取引しよう。(金が足りない)
お金がなければ取引できませんねぇ。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
車手裏剣補充
取引しよう。(売り切れ)
すいません、最近は拾って・・・・・・いや。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
車手裏剣補充
やめとこう。
やめるんですか。取引を。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
スナップ
スナップです。
なんでも写真を撮って隠された古文書を読み取る
アプリだそうですよ。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
スナップ
取引しよう。
どうもありがとう。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
スナップ
取引しよう。(金が足りない)
お金がなければ取引できませんねぇ。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
スナップ
取引しよう。(売り切れ)
もうあなたに売りましたよ。
妖精界
言霊の望楼
(E-1〜2)
取引所ピムウ
スナップ
やめとこう。
やめるんですか。取引を。
妖精界
イシュピヤコックの間
(E-4)
ムーブルク
外観
うんにゃ。
我おきてました。
おきてましたよ。
うかつにも我、この部屋を調べてたら
急にヒモが出てきて吊るされてました。
逃げ方もわかんないので仕方なく寝てました。
あ、いや。おきてた。
どうやら妖精界のこっち側にアンクがあるみたいよ。
我は調べました。
調べたというか、そんな気がします。
じゃじゃじゃ、
ルミっさちゃんに追いつかれちゃったから
テントに戻ってるね。
そんじゃ!


ブレイブチルドレンズ

LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2) 攻略メモ帳に戻る  ゲーム 攻略メモ帳に戻る  トップに戻る