LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2) NPC 天者迷宮


NPCの台詞の一覧表です。

場所 対象 内容
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(1)
訪問
竪琴を・・・・・・無くしてしまった・・・・・・。
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(2)
訪問
私の竪琴は冥界の者でも涙を流すほどなのだ。
かつて死んだ妻に会うために冥界に行ったよ。
楽園の曲を聴かせてあげたんだ。
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(3)
訪問
おぉ、私の竪琴!
・・・・・・に、似てはいるが私のものではないなぁ。
私の竪琴は弦が特注だしブリッジを高めに調整していて
音が硬めで高音の抜けがバツグンなんだ。
そんな竪琴じゃ私の腕が振るわれることはないねぇ。
私の演奏が聞きたければ過去に記録したものを
聴いてくれたまえ。
一度だけ頼まれて録音したんだよ。
確かネコ好きな店にね。
もう一度聞きたいのかい?
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(3)
そうね。
※詩人オルペウス(3) 訪問と同じ。
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(3)
聞きたくない。
あぁ・・・・・・エウリュディケ・・・・・・。
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(4)
訪問
妻にもう一度会いたいがために
私は禁を犯し生きたまま冥界に入ってしまった。
それだけならまだしも
死んだ妻を連れ帰ろうとしたのだからね。
もう2度と冥界に近づくことはできないだろう。
もう一度聞きたいのかい?
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(4)
そうね。
※詩人オルペウス(4) 訪問と同じ。
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(4)
聞きたくない。
あぁ・・・・・・エウリュディケ・・・・・・。
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(5)
訪問
私の妻は私の奏でる竪琴の音を愛してくれた。
中でも楽園をテーマにした曲を気に入っていたよ。
もう一度聞きたいのかい?
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(5)
そうね。
※詩人オルペウス(5) 訪問と同じ。
天者迷宮
怪物の間
(A-2)
詩人オルペウス(5)
聞きたくない。
あぁ・・・・・・エウリュディケ・・・・・・。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
性愛の賢人エロース(1)
訪問
テューポーンは我らオリュンポスの先祖が作った
巨大な機械!
今は動いていないが、
眠ったままでもギガース族の封印を続けておる。
テューポーンに記された太古の記録は
強き光にて蘇ると聞く。
その時こそ我らオリュンポスの時代が来るぞ!
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
性愛の賢人エロース(2)
訪問
む。こないな、我らの時代。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
性愛の賢人エロース(3)
訪問
なんだかウチの周りが騒がしくなった気がするよ。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
訪問
ようこそいらっしゃいました!
オレの商品を買いたいのか?
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
オモリ
オモリだよ。
こんなどの店でも売ってるもの、
わざわざオレの店で買うってのか?
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
オモリ
はい
ほらよ。
毎度あり。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
オモリ
はい(金が足りない)
お金が足りませんが・・・・・・。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
オモリ
はい(売り切れ)
売り切れです・・・・・・。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
オモリ
いいえ
お買い上げにならないので・・・・・・?
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
大地の槍補充
大地の槍の弾だよ。
槍の弾って何だよ!
ま、オレには関係ないけどな!
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
大地の槍補充
はい
ほらよ。
毎度あり。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
大地の槍補充
はい(金が足りない)
お金が足りませんが・・・・・・。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
大地の槍補充
はい(売り切れ)
売り切れです・・・・・・。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
大地の槍補充
いいえ
お買い上げにならないので・・・・・・?
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
ブレスレット
ブレスレットだよ。
コレを売るのがオレのクソみたいな仕事だよ。
ま、どうせ売れないけどな。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
ブレスレット
はい
ザスッ!
アゲアゲで行けよッ!
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
ブレスレット
はい(金が足りない)
悪いな・・・。タダでやるわけにはいかないぜ。
オレだってこんなクソみたいな仕事続けてんだ。
だからアンタも希望を捨てんなよ。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
ブレスレット
はい(売り切れ)
そいつを売るのは2度とごめんだぜ。
天者迷宮
怪物の上顎
(A-3)
便利屋ボーダーパンツ
ブレスレット
いいえ
そっか、いらない。
ならいいんだ。
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(1)
訪問
この神殿に用がないものは立ち去れ。
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(2)
訪問
私はこの神殿の司祭。
テューポーンを目覚めさせたのはそなたか?
ギガースの地、邪怨回廊へ向かうなら
テューポーンの4柱を倒せ。
扉の封印はそれで開かれるだろう。
もう一度聞きたいのか?
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(2)
そうだぞ。
※司祭バフォメット(2) 訪問と同じ。
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(2)
もういいです。
人はカオスと共に・・・・・・。
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(3)
訪問
この神殿は混沌より世界を生んだと言われる
カオスを信奉しておる。
カオスは我ら第3の子の歴史を見守り続けている。
天使の軍が勝てば左、
悪魔の軍が勝てば右の目より涙を流す。
天使と悪魔が背を向けている間は涙を流さないのだ。
もう一度聞きたいのか?
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(3)
そうだぞ。
※司祭バフォメット(3) 訪問と同じ。
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(3)
もういいです。
人はカオスと共に・・・・・・。
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(4)
訪問
そなたが来たしばらく後に2人組の男がここに来た。
力で門の封印を破ろうとしてあきらめ、
壁を掘ってなんとかしようとしたようだが・・・・・・。
我らの神殿であのような行動は控えてもらいたいな。
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(5)
訪問
若い方の男は私を見るなりムチを振りつけて来た。
無礼にもほどがある。
そなたの仲間か?
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(6)
訪問
私が悪魔だと?
私は悪魔でも天使でもない。
オリュンボスの行く末を見守る司祭だ。
天者迷宮
カオスの神殿
(B-1)
司祭バフォメット(7)
訪問
封じられていたギガースが災いではなく、
我らの先祖が作り出したテューポーンこそが
争いの根源だったとは。
・・・・・・むなしい話だ。
私はこれからもここでカオスに祈り続けるだけだ。
天者迷宮
テューポーンの間
(C-4)
システム・テューポーン
外観
システム・テューポーン起動
アクセス?
天者迷宮
テューポーンの間
(C-4)
システム・テューポーン
マザークローンの記録
コンピューターのメモリバンク:
我が一族の作りし母の模造の記録
混沌より生まれた我が部族は母の力を求めた
文献に残る第1の子の女の亡骸から
生命を生み出す力を引き出さんとする
No1:ジョカ
朽ちた体にピラミッドの力を注ぎ 力の発現を待つ
かりそめの命を宿し
生命の螺旋を生み出すに至るが力及ばず
ピラミッドのたもとから動くことも叶わず
滅びの塔にて廃棄
No2:ティアマト
本来の種族の体よりも巨大化するも
命を生み出す力を発現
生み出したるは人ならざる11の怪物
次元を歪めるまでの力を宿し 自我も芽生えし
生み出した子と共に別次元へと逃亡
計画の破棄
No3:エキドナ
我らの力すべてが注がれし最後の望み
これまでの成果をつぎ込み
我が種族の娘の体を利用す
ティアマトと同じく11の怪物を産み
その後幼生体のまま眠りにつく
この子の目覚めを待たん
再び目覚め力解き放つ時を待たん
我らがイグラーナを統べるため
天者迷宮
テューポーンの間
(C-4)
システム・テューポーン
ニビル・キメラの記録
コンピューターのメモリバンク:
第1の子の文明から得たキメラ技術
元は第1の子の蛇の足を
2足歩行の別の生き物と取り替えるための技術
発展させ別の生き物の能力を取り込み
人以上の力を得る技術となる
しかしキメラ化されたものには
ニビルの意思が混ざる
星の支配にラムラーナやイグラーナの封印など
ニビルの意思を実現する尖兵と化す
天者迷宮
テューポーンの間
(C-4)
システム・テューポーン
エキドナによるシステムロック
エネルギー源であるエキドナの空間破壊により
システムダウン
これによりプロジェクトテューポーンの遂行不可能
オリュンポスによるイグラーナ掌握は不可能
天者迷宮
英雄の間
(C-5)
英雄ヘルメス(1)
訪問
ここは天者迷宮。
我ら第3の子オリュンポスの閉じ込められた場所だ。
だが我々はもう終わった部族だ。
ここに追われた理由も戦う意味も誰も覚えていない。
この上の部屋にある機械に
戦いも統治も全て託してからは、な。
他のものはもう気力もないが、
私でよければここのことは教えてやろう。
天者迷宮
英雄の間
(C-5)
英雄ヘルメス(2)
訪問
我ら第3の子の冥界神はハデスという。
すでに他の子の冥界神により
追いやられていると思うが。
天者迷宮
英雄の間
(C-5)
英雄ヘルメス(3)
訪問
確かに私はかつて英雄と呼ばれた。
私が捕らえた蛇の双子は第1の子の生き残りだった。
そこから我ら第3の子は第1の子の文明を吸収できた。
我が種族の発展は私の行いが元となったのだ。
しかし種族同士が争いあうことは止められなかった。
天者迷宮
英雄の間
(C-5)
英雄ヘルメス(4)
訪問
機械も我々が作ったものではない。
昔からここにあったものを使っている。
もしかしたら我らの先祖が作ったものかもしれない。
もう動かし方もわからないのだ。
あの機械はただギガース族の住む
邪念回廊を封じているに過ぎない。
天者迷宮
英雄の間
(C-5)
英雄ヘルメス(5)
訪問
ラムラーナ遺跡の方にイグラーナと
似たような作りの部屋があっても不思議ではない。
イグラーナの記録がラムラーナに伝えられたと聞く。
しかししょせんは情報。全く同じ作りではないだろう。
天者迷宮
英雄の間
(C-5)
英雄ヘルメス(6)
訪問
この枝の裏にいるギガースという連中は悪魔だ。
偉大なる母の力を真似して我が物にするつもりなのだ。
かつて我々の先祖がここに流され
ギガースの封印の役に当たったようだが。
子孫である我々にはもはや何をすべきかも
よくわかってないがね。
天者迷宮
英雄の間
(C-5)
英雄ヘルメス(7)
訪問
テューポーンはオリュンポスが作ったものだったとは。
我らこそが第3の子の負の思念の持ち主だったとは。
しかし我らは知らないのだ。
ただここに生きてきただけ。


ブレイブチルドレンズ

LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2) 攻略メモ帳に戻る  ゲーム 攻略メモ帳に戻る  トップに戻る