LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2) NPC(賢者フォボウス) 旅立ちの村など


NPC(賢者フォボウス)の台詞の一覧表です。

場所 対象 内容
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(1)
訪問
誰だ?
ほう、ラムラーナ遺跡の謎を解いた男の娘か。
私は四賢者と言われたものの一人、フォボウスだ。
ラムラーナ遺跡から解放されてから、
賢者の役目も終えてここに住んでいる。
君の父親が遺跡の謎を解いたことで崩壊した遺跡や
紛失した遺物などの再現を試みている。
良いものができたら遺跡の店に流しているので
買ってやってくれ。
サマランタからおおよその話は聞いている。
ラムラーナに再びモンスターが現れ始めたらしいな。
ラムラーナ遺跡は母と呼ばれた存在が倒されたことで
ただの遺跡となったはずだがね。
サマランタが見た怪物は
空間を移動する力を持っていたそうだね。
そこで兼ねてから存在だけは知られていた流刑の地、
イグラーナの存在が思い当たったというわけか。
それで私に聞きたいことでもあるのかね?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(1)
「母」って何?
母と呼ばれた巨大生物の中に作られていたのが
ラムラーナ遺跡だよ。
かつてこの世界に空から落ちてきたらしく、
自分を空に帰すための働き手として分身を生み出した。
それが我々人間なのだよ。
我々四賢者は7番目に生み出された第7の子。
種族の滅びを繰り返す母に死を願った種族だよ。
他には?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(1)
「子」ってのは?
子というのは母から生み出された種族のことだ。
母を空へ帰すために労働力として生み出されたが、
失敗だとわかると母に滅ぼされた。
8つの種族を生み出したということになっているが、
彼らは皆母の中で生み出され、
ラムラーナ遺跡で文明を持ったのちに地上にまで
広がっていったそうだよ。
それゆえラムラーナ遺跡は
全ての文明の起源と呼ばれているんだ。
他には?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(1)
別にないです。
ちなみに君たち現生人類は第8の子ということになる。
生命の樹と呼ばれる生命を生み出す装置に、
我々第7の子が種族の記憶を操作して生み出された
人間だよ。
イグラーナはラムラーナの子と呼ばれている・・・・・・。
子供といえば思い当たるものがある。
外に出てみたまえ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(1)
外観
この像は子供の像と呼ばれているものだ。
私はこの像を見ていると研究のインスピレーションが
沸くのでここに住んでいるんだ。
ラムラーナ遺跡の中でも子供と名前がついているものは
これぐらいしかない。
調べてみるといい。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(2)
外観
私のインスピレーションが・・・・・・。
ん?
門が開かないのか?
私がやってみよう。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(3)
外観
なんだ、開くじゃないか。
ふーむ、どうやら母の力を宿すものにしか
開けられないのかもしれない。
私のような第7の子なら簡単に開けられるが、
君のように母の記憶を持たない
第8の子には開けられない、ということかな。
君がどういうつもりでここに来たのかは知らないが
私には運命的なものに思える。
この門の先が我々賢者が調べていた
イグラーナ遺跡だとすれば、
それは世界を滅ぼしかねない危険なものなのだ。
「求めよ、さらば与えられん。
 考えよ、さらば見出さん。」
遺跡に挑む者へ伝える言葉だ。
困ったことがあれば我ら賢者を頼ってくれ。
入る前に君のタブレットを貸したまえ。
遺跡に残されているデータを記録するソフトだ。
私が作った。
データが刻まれたチップのようなものがあれば
集めてみるといい。
あぁ・・・・・・。
インスピレーションが・・・・・・。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(2)
訪問
なぜ我々第7の子が母を倒さなかったのかって?
母は子に自分を空に帰すために働くように
種族の遺伝子に命令を与えているんだ。
言いかえれば子は母に逆らうことができないんだ。
我々第7の子は研究と称して母の死を実現する方法を
探ることが限界だった。
つまりそれを実行するには母への従属に逆らえない
種族には無理だったのだよ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(3)
訪問
どういうものかまでは詳しくはないが、
流刑の地のイグラーナという存在は知っていたよ。
ラムラーナにも記録は残っていたからね。
私がラムラーナ遺跡を試練の地にリフォームする際には
イグラーナに残る数々の罠の記録を参考にしていたし、
モンスターの情報もイグラーナの記録から得たもので、
それを生命の樹で復元したものがほとんどだ。
諸悪の根源だな、イグラーナというのは。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(4)
訪問
何?
イグラーナで生き残っている種族がいただと?
我ら第7の子より前の種族は母に滅ぼされたはずだが。
イグラーナ遺跡にいれば滅びから免れたということか?
私も行ってみようかなぁ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(5)
訪問
おぉ、よく戻ってきてくれた。
それはそうとさっそく水晶ドクロを見せてくれ。
早く早く。
むぅ。
ラムラーナにあったものと少し形が違うな。
しばらく預からせてくれ。調べてみたい。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(6)
訪問
村に戻って長老の相手でもして時間をつぶしててくれ。
すぐすませるよ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(7)
訪問
預かっていた水晶ドクロ、面白いものだったよ。
どうやらこれは全部で12個あるらしい。
私が研究していた資料に
12の封印文章というものがあってね。
手にしたドクロの数によって封印が解かれるらしい。
ということで資料をデジタル化しておいたよ。
なにが書かれているかは知らないがね。
何しろ封印されてたからね。
もう一度聞くかい?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(7)
聞きます。
※賢者フォボウス(7) 訪問と同じ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(7)
もういいや。
また来るといい。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(8)
訪問
遺跡の観光地化というのは残酷なものだ。
危険がないように階段や手すりが取り付けられている。
無骨なイントレやブルーシートも嫌いだね。
しかし地上にある観光遺跡も似たようなものかな。
決して当時のままの姿ではないからね。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(9)
訪問
聖杯は遺跡の聖杯石碑に移動する為のものであって
なぜ地上の石碑に移動できるのかがわからない。
しかも長老が御殿を建てる為に
石碑の場所を変えたにもかかわらずだ。
あれはどうやら第7の子が再現したものらしいね。
イグラーナの中にも第7の子の秘宝を持っていると
使える特別な石碑があるみたいだ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(10)
訪問
ラムラーナ遺跡もすっかり姿を変えてしまった。
観光地化はともかく、生きた遺跡ではなくなった。
ここで暮らしていた身からすれば寂しい限りだね。
地上で生きている君たちにはわからないだろう。
でも我々にとってはこの遺跡が
生まれ育った場所なんだよ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(11)
訪問
歴史というのは何か特別なことだけが記録される。
しかしそこには記されていない幾多の人々がいた。
その人たちそれぞれに事件や想いがあっただろう。
つまり歴史なんて物は人々の営みのほんの一部しか
解明できちゃいないということだよ。
だから私の好奇心も尽きることがないのさ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(12)
訪問
母と同じ構造をしている、
そして母の滅びの対象になっていない。
ひょっとしてイグラーナは
母の原初の子ではなかろうか。
子というよりは自分の体の複製か。
自分の体が滅んだ時のために
生み出されたのかもしれないな。
それが今になって活動を始めたのは何故だ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(13)
訪問
母の命が絶たれたことで、
絶対的な存在がいなくなった喪失感というか
虚脱感が我々種族に蔓延している。
ご高齢のアルセダーナ様にはこたえたのではないかな。
私は研究への好奇心が勝っているので
それほどでもないが。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(14)
訪問
母の死を決めたのはアルセダーナ様だが、
正しい決断だと思うよ。
母は我らを産み、滅ぼしかねない存在ではあったが
ただ空に帰りたかっただけなのかもしれない。
しかし今生きている我々をいつ滅ぼすかわからない、
そんな恐ろしい存在など認められるわけがない。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(15)
訪問
頭の良い私には理解できないのだが、
世の中には物の名を覚えるのが
苦手な人間がいるそうだ。
君はどうだい?
もしイグラーナの種族の名前が覚えられないなら
代わりのものを見つければいい。
1つのフィールドに1種族なのだから
何か種族を表す壁画のようなものがあれば
それを覚えればいい。
まぁ結局何かは覚えなけりゃならんがな。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(16)
訪問
ムーブルク?
あぁ、ラムラーナ遺跡で守り人をやっていた娘か。
少し前にここを訪ねてきたよ。
なんか毒虫みたいな格好していたぞ。
遺跡や古代文明に関する知識は確かなものだから
君の助けになるだろう。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(17)
訪問
ラムラーナ遺跡にあった数々のしかけは我ら第7の子、
主に私が中心となって作った物だが、
何も好き好んで作った訳ではない。
母を倒す為に第8の子を生み出したとはいえ、
我々の試みを母に感知されるわけには
いかなかったのだ。
ゆえに無駄とも思えるほど多くのしかけを越えるうちに
母を倒す力を身につけられるようにしたのだ。
私だってツラいんだ、うんうん。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(18)
訪問
ラムラーナのしかけは母を倒す者を選ぶ為の
試練として作られた物だが、
イグラーナにあるのは世界樹を仕切る
第6の子の生き残りが侵入者を殺す為に作った物だ。
当然、参考にはさせてもらったよ。
つまりは悪意に満ちた罠はイグラーナ発祥なのだ。
そうそう、イグラーナが悪い。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(19)
訪問
我々第7の子が産みだされた生命の樹。
第5の子が残した生命を作り出す機械だ。
あれはなかなかよく出来た物でね。
情報さえあれば産み出す生き物を決められるのだ。
そこにイグラーナに残る伝承などを元に
私がラムラーナに様々なモンスターを
生み出させたのだ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(20)
訪問
水晶ドクロもずいぶん集まったようだな。
ちょっと解放された文書を見せてくれないか。
ふむ・・・・・・。偉そうな言葉が続くな。
これは何者かが歴代の子に母を死なせるために
指令を出していたように読み取れるな。
これを読み解いていけば、
もしかしてイグラーナの封印の助けになる物かな?
もう一度聞くかい?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(20)
聞きます。
※賢者フォボウス(20) 訪問と同じ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(20)
もういいや。
また来るといい。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(21)
訪問
銅鏡? どうしたっけかな・・・・・・。
ラムラーナ遺跡にあった門は全て解放したから、
もうそんなに重要じゃないってことで
管理はしていなかったような。
まさかイグラーナの門にも使えるとはなぁ。
私としたことが。
サマランタにも聞いてみてくれ。
彼は崩れた遺跡の修復をしているから
どこかで見つけているかもしれん。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(22)
訪問
ムーブルクから調査の成果を聞いたのだが、
イグラーナ遺跡に今も残っている種族は5つらしい。
蛇の尾を持つ第1の子、すでに滅びた第2の子巨人。
羽を持った第3の子、知識が高く小柄な第5の子、
そして幾つかの部族に分かれ、
世界樹を仕切っている第6の子だな。
それぞれの子の争いを収めることが
負の思念の解放に近づけるのではないかな。
第4の子?
あれは地上が海に沈んでいる間のつなぎ、
知識もあまりない、ただの魚人間で
争いを起こすような知識はなかろう。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(23)
訪問
ラムラーナ遺跡は元々各時代の子が死に絶えた
無人の遺跡だったのだ。
第6の子というのは第5の子が作った生命の樹から
産み出された種族なんだ。
母から直接産み出されていない
第6の子が生まれた時点で
遺跡は活動を止めていたのかもしれない。
第6の子と同じく生命の樹から
我々第7の子が産まれたのは
イレギュラーなことだったのだろう。
母から直接生まれていないからこそ、
母を滅ぼそうなどという考えが生まれたのだろうな。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(24)
訪問
冥星王の足跡ね。
全部で5つ見つけたみたいだね。
横に8つ、縦に4つ。
その中にラムラーナ数字。
何かしらの順番を表していると考えるべきかな。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(25)
訪問
そういえば冥星王の謎解き、見事だったね。
でもいまだにあの部屋のミーミルの首像が光ってるね。
まだ何か秘密が残っているのか。
うーん・・・・・・。
順番を示す位置に違う解釈があるとか?
もう一度聞くかい?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(25)
聞きます。
※賢者フォボウス(25) 訪問と同じ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(25)
もういいや。
また来るといい。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(26)
訪問
アールブルの巫女の予言、一章ね。
ヘイムダルというのは妖精界で座ってるやつか?
「ヘイムダルは眠らない
 終わりが近づく時には夜も見張る」
ここがポイントかなぁ。
見張っているんだねぇ、彼は。
もう一度聞くかい?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(26)
聞きます。
※賢者フォボウス(26) 訪問と同じ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(26)
もういいや。
また来るといい。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(27)
訪問
冥界をめぐるための7つの門か。
くぐるたびに装備が1つ封印されるんだって?
そういうのは何度か試して何が封印されるのかを
調べておいたほうがいいね。
何かが封印されると入れなくなる門から
先に入るようにするとかね。
もう一度聞くかい?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(27)
聞きます。
※賢者フォボウス(27) 訪問と同じ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(27)
もういいや。
また来るといい。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(28)
訪問
※無人となり、会話が発生しない。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(29)
訪問
アルセダーナ様は私が訪ねた時にはすでに
亡くなられていたよ。
我ら四賢者の役目が終わったような気分だが、
まだ終わるわけにはいかない。
妖精女王から遺跡の封印計画を聞いた時から
我らの使命はラムラーナとイグラーナの
両方の封印と決まっている。
戦いを助けるような力はないが、
持てる知識で君を助けよう。
それがアルセダーナ様への弔いになると思う。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(30)
訪問
この先、今まで以上に強力なモンスターが
待ち構えているだろう。
イグラーナに残された遺物の中でも
戦いを有利にするものを集めたほうがいいだろう。
妖精女王から新たにもらったイグラーナの資料に
幾つか隠し場所が書かれている。
必要ならばそれを君に教えるよ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(31)
訪問
やはり最後の戦いには最強の武器が必要だろう。
鉄球ムチが戦死者の館に隠されているらしい。
4つの印を持ったシヴァ神の部屋だ。
そこに入るのが難しいみたいだね。
落とし穴から飛び降りて壁に張り付いて
ビャーッって感じだよ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(32)
訪問
斧はまだ手に入れていないか?
君のお父さんがムチ以上に好んで使っていた武器だよ。
重いから女性には厳しいかもしれないが、
重さがあるので振り回すだけでも強力だよ。
天者迷宮に隠されているらしい。
壁の中に謎解きの鍵が隠されているってさ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(33)
訪問
ラムラーナにもあった
チャクラムという武器は持っているかい?
投げた者の手元に戻ってくる強力な武器だよ。
不滅戦場の奥深くに隠されているらしい。
しかしイグラーナに残っているチャクラムは
かなり数が少ないらしいね。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(34)
訪問
武器を投げるのが上手くなるリングという遺品がある。
妖精女王からもらった資料によると
高天原廟にあるらしい。
隠し部屋の中、さらに壁の中に隠されているそうだ。
しかも宝箱を開けるには鍵妖精の助けがいる。
なかなかに厳重だね。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(35)
訪問
イグラーナには氷で滑る床も多いね。
氷や雪の上でも滑らない靴をはけばいい。
確かムーブルクがはいていただろう。
もうテントに引きこもっているだけなんだから、
もらってきたらどうだい?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(36)
訪問
武器の扱いが上手くなるヴァジュラという遺品がある。
死者の門、断頭の間という部屋に隠されているらしい。
5つの石像のうち、
首が壊れていない石像が謎解きの鍵らしいよ。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(37)
訪問
武器に聖なる力を与える
闘気の肩当てという遺品がある。
冥界、つまり永久牢獄のどこかに隠されているらしい。
鍵妖精を連れて歩くしかないね。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(38)
訪問
ラムラーナには敵の攻撃を防ぐ
妖精の服という遺品があった。
同じようなものがイグラーナにもあるらしい。
ネメアの毛皮というらしい。
これについては名前しか分かっていない。
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(39)
訪問
武器を素早く振れるようになる
ガントレットという遺品がある。
霜の巨人殿に隠し部屋があるそうだ。
「羽もつ獅子の尾の先に」、だそうだ。
尾の先に当たる場所に部屋がある、ということかな?
迷いの門
子供の間
(C-1)
賢者フォボウス(40)
訪問
備えることに限界はないだろう。
大事なのは悔いを残さないことだ。
我々は君が導く結果に未来をゆだねるよ。
ここまで尽くしてくれた君が残したものなら
全て受け入れる。
生きて帰ってきてくれよ。


ブレイブチルドレンズ

LA-MULANA2(ラ・ムラーナ2) 攻略メモ帳に戻る  ゲーム 攻略メモ帳に戻る  トップに戻る