ドラクエ5 プレイメモ

〜女の子〜

★クリア前
■幼年期
※PTに加えられない


■青年期前半(修道院〜神の塔)
※PTに加えられない


■青年期前半(ポートセルミ〜滝の洞窟)
※PTに加えられない


■青年期前半(テルパドール〜デモンズタワー)
※PTに加えられない


■青年期後半(海の神殿〜大神殿) レベル5〜26
●仲間になりたての頃はか弱い女の子。

●さすがに男の子ほど、装備は強くない。

●とはいえ、シルクのビスチェやかぜのぼうしなら、仲間になった直後でも調達可能。
  かぜのぼうしは彼女か男の子がいれば、イベントでGet出来る。

●いずれはようせいのけん、プリンセスローブ、おうごんのティアラも拾えるので、なんだかんだでゴールドをほとんど使わず装備を整えられるキャラクター。

●油断すると低レベルでカンダタこぶんと喧嘩する羽目になる。
  そうなると、男の子より辛い状況になる。

●男の子同様、レベルアップは非常に早い。
  能力はグングン上昇し、次々と呪文を修得する。

●バイキルトを修得したあたりから、普通に戦力として使えるようになる。

●ってか、この時期のバイキルト役としては群を抜いて優秀。
  クックルーは脆すぎるし、ケンタラウスは修得レベルが高すぎて覚えられない事が多いw
  ソルジャーブルは修得は早く、本人もそれなりに強いが、MPが低すぎて気軽に使い辛い。

●しあわせのぼうしを被れば、ダンジョン内でも呪文が使い放題で非常に便利。

●トロッコ洞窟で拾えるしゅくふくのつえと相性が良い。
  すばやい魔法使い達に回復アイテムはよく似合うw

●迷いの森のイベントでは、彼女か男の子のどちらかが必要になる。

●ボス戦では、仲間にバイキルトを使い、敵をルカナンで弱体化させる戦法が強力。
  ただしルカナンはゲマとイーブルには通用せず、ラマダには効きにくいのが難点。


■青年期後半(ジャハンナ〜エビルマウンテン) レベル26〜29
●ストーリーの流れとして、つい家族PTを組みたくなるが、嫁とは装備品や修得呪文がダブるのが悩みの種w

●けんじゃのいし係に便利なキャラクター。

●やまびこのぼうしを拾えば、ヒャド系やイオ系呪文で雑魚をなぎ倒せる。
  ・・・耐性が低い連中に限るがw

●ミルドラース戦では、バイキルト&ルカナン要員として活躍出来る。
  マヒャド以上の呪文を修得し、かつやまびこのぼうしを被っているなら、アタッカーとしても強いが、マホカンタが怖いw


★クリア後
■青年期後半(謎の洞窟) レベル29〜33
●たたかいのドラム入手後は、バイキルト役としての役目は終わる。

●PT構成によっては、彼女にたたかいのドラム役を任せるのもあり。

●いてつくはどう(or てんくうのつるぎ)必須だが、エスターク戦ではやまびこのぼうし+ラリホーのコンボで眠らせ役として強力。
  眠らせ役としてなら、耐久力に勝る分、嫁より有利。

●やまびこのぼうし+イオナズンのコンボは、全体攻撃ながらエスターク戦でも悪くない火力。
  ただしダメージ・MP効率共に、やまびこぼうし+メラゾーマのコンボには遠く及ばない。

●ってか、サクサクプレイだと、イオナズン修得がエスタークとの初戦闘までに間に合わない事もありえるw


■青年期後半(最高レベル) レベル99
●マヒャド or イオナズン+やまびこのぼうしのコンボは、単純な威力はしゃくねつをも上回る。

●MPが510もあるので、MP切れに悩まされる事はほぼ無い。

●けどやっぱり、魔法攻撃主体だと敵の耐性に左右されやすい。

●すばやさ255の利点を活かし、たたかいのドラム役を任せるのも手。

●ちから170あるので、グリンガムのムチを片手に物理で戦うのも悪くない。

●雑魚を蹴散らす事にかけては、人間キャラクターの中でも1、2を争う性能w

●ただし、ボス戦では火力・耐久力共にレベル99キャラクターにしては微妙・・・。
  特別弱いわけではないけど、なんつーか物足りないw

●一応、キラーピアスがあるのでちからのたねで強化すれば、ふぶきのつるぎ持ちのキャラクターを上回るアタッカーになる・・・かもしれないw


★その他
●一般的に雑魚戦では女の子>嫁で、ボス戦では女の子<嫁となる事が多い気がする。
  多分、耐久力とメラゾーマの関係でそういうパワーバランスになっていると思うw

ドラゴンクエスト5 仲間キャラクターリスト 女の子に戻る  ドラゴンクエスト5 仲間キャラクターリストに戻る   ドラゴンクエスト5 メモ帳に戻る  ゲーム メモ帳に戻る  トップに戻る